本文へスキップ

松ヶ崎大黒天は、「妙円寺」という日蓮宗のお寺です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.075-781-5067

〒606-0943 京都市左京区松ヶ崎東町31番地

妙法の送り火HEADLINE

五山の送り火「法」

                        

毎年8月16日の夜8時に点火される「五山の送り火」の内、「妙法」は当山の背後、松ヶ崎山の両峰に点火されます。これは改宗の時、日像上人(日蓮聖人の法孫)が自ら杖をもって松ヶ崎西山に「妙」の字を画かれ、後に下鴨 大明寺(現在は廃寺)の二祖、日良上人が東山に「法」の字を画かれたものであります。
この送り火「妙法」は、お盆の精霊送りの聖火であり、松ヶ崎の心意気・信仰の火であり、さらには日蓮宗の妙法弘布の伝道火でもあります。

※松ヶ崎山の入山に関しては、現在全域「入山禁止」となっております。

     

松ヶ崎の題目踊り



日本最古の盆踊りと称せられる「松ヶ崎の題目踊り」は、永仁二年(1294)日像上人の教化により、松ヶ崎全村をあげて日蓮宗に改宗しました。
時の歓喜寺住職、実眼僧都は歓喜のあまり踊躍して自ら太鼓を打ち、《南無妙法蓮華経》と唱えれば、村人もこれに和して躍りだす・・・爾来毎年8月15・16日の両日には、隣の涌泉寺にて行われています。

店舗イメージ

shop info.店舗情報

日蓮宗 妙円寺(松ヶ崎大黒天)

〒606-0943
京都市左京区松ヶ崎東町31番地
TEL.075-781-5067
【受付時間】9:00〜17:00
 ※御朱印は16:00まで
 アクセス