本文へスキップ

松ヶ崎大黒天は、「妙円寺」という日蓮宗のお寺です。

電話でのご予約・お問い合わせはTEL.075-781-5067

〒606-0943 京都市左京区松ヶ崎東町31番地

妙円寺の紹介concept

縁起

            

当山は山号を松崎山。寺号を妙円寺(通称は松ヶ崎大黒天)といいます。
霊峰比叡山の西南、松ヶ崎山の麓にある、妙円寺(松ヶ崎大黒天)は遠く約400年前の江戸初期の開創にして、天恵の風致と京の護りに合致した霊域に位置します。福寿開運の大黒天は、京都七福神の第一番の霊場としてご本尊の威徳を慕い、帰依される信者は全国各地多数におよびます。当山は関ヶ原の合戦の後、江戸初期の元和二年(1616)本涌寺(松ヶ崎檀林:現在の涌泉寺)内に建立された本覚院日英上人の隠居所で、本覚院日英上人による開基・開創された日蓮宗のお寺であります。
永仁二年(1294)日蓮聖人の法孫、日像上人によって法華経が弘められ、徳治元年(1306)に松ヶ崎全村ことごとく日蓮宗に改宗したという法華信仰の流れがあり、「松ヶ崎法華」とまでいわれるようになりました。
また承応三年(1654)教蔵院日生上人によって創立された「松ヶ崎檀林」(僧侶の学校)が、かつてこの近くにありました。
(現在は尼僧の学校である、日蓮宗尼宗学林があります。)
毎年8月16日に点火される「五山の送り火」のうち、当山の背後の両峰に点火される「妙法」は、約600年という歴史があります。その歴史ある聖地に、妙円寺が建立されているのです。


※妙法の送り火の詳細はコチラ

店舗イメージ

shop info.店舗情報

日蓮宗 妙円寺(松ヶ崎大黒天)

〒606-0943
京都市左京区松ヶ崎東町31番地
TEL.075-781-5067
【受付時間】9:00〜17:00
 ※御朱印は16:00まで
 アクセス